真性包茎手術を受けるなら!同時に受けておきたい治療法

真性包茎手術と早漏治療を併用する

真性包茎は放置しておいても治りません。圧倒的に包皮が足りていない状態にありますので、手術で治療をするしかないのです。真性包茎は亀頭の周りに恥垢を付着させる原因となり、これが悪臭や亀頭包皮炎を誘発します。日本人によく見られる仮性包茎に関しては無理に手術する必要はありませんが、真性包茎は改善させておくのが好ましいです。女性が男性のペニスに求める条件には第一に清潔さがあるのです。女性にとって短小は二の次であり、最も敬遠するのは真性包茎だと考えてください。

真性包茎の手術を受ければ亀頭が露出するので、手術前よりペニスが大きく見えるようになります。さらに粘膜状態だった亀頭が皮膚化していくので、早漏が解消するケースも多いです。早漏になると性生活で女性を満足させるのが難しくなります。一般的に3分未満で射精に至る状況は早漏と解釈されています。ただ真性包茎手術だけでは早漏が解消しない場合があり、その場合は薬物療法による早漏治療が必要でしょう。

真性包茎と同時に解消したい症状

真性包茎手術を受けることでEDが解消するケースはよくあります。包茎の状態は早漏を招きやすく、早漏がEDにつながる可能性があるのです。すぐに射精してしまうことにより、コンプレックスを感じて心因性EDになるわけです。ただ加齢による血行不良が原因の勃起不全に関しては、ED治療薬を内服する治療法が必要でしょう。ペニスのサイズにコンプレックスを感じているなら、亀頭増大手術や長茎術などが役立ちます。複数の手術を同時に受ければ、ひとつの治療法の費用を抑えることが可能です。

ペニスにブツブツがあって困っている人は、フォアダイスに対応したクリニックをおすすめします。痛み・かゆみを伴わないケースが多々ありますが、ブツブツがある状態は見た目が悪いです。ブツブツの除去に対応しているクリニックなら、フォアダイスを解消できます。下半身に特化したクリニックでは性病治療も受けられますので、必要に応じて同時に受けておきましょう。

まとめ

真性包茎手術で先天的な包茎を解消できます。余った包皮が除去されると亀頭が露出するので亀頭強化に役立つでしょう。亀頭が強くなれば早漏を防止できるなど多くのメリットがあります。真性包茎手術を受ける人は、他のコンプレックスも同時に解消したいと考えていることが多いです。よく併用されるのは早漏治療やED治療、亀頭増大・長茎術などです。それ以外ではフォアダイスというブツブツを解消するための施術もよく行われています。

- No Comments on this Post -

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です